男の生活美容ログ

結婚3年目のサラリーマンが好きなメンズ美容の事、家事のことを記録していきます♪

MENU

気になる男の小鼻の黒ずみ!イチゴ鼻になる原因は?

é¢é£ç»å

記事を読んでくださりありがとうございます。

 

めんたです。

 

スキンケア好きの僕でもコンプレックスがありました。

 

小鼻の黒ずみ」です。小鼻だけ気になるんです!

 

毛穴パックも試しましたし、綿棒で角栓取ろうとしたり、無理やり黒ずみを押し出すこともしました。

 

薬局や雑貨屋さんなどで、「これを使えばイチゴ鼻解消!」とか「小鼻の黒ずみを除去!」なんて宣伝してる商品も試しました。

 

しかし、、なかなか効果が出ませんでした。泣

 

そこでまずは小鼻の黒ずみがどうしてできるのか原因をさぐってみると、自分が間違った方法でケアしてたことに気付きました。。。無念

 

今回はそんな小鼻の黒ずみがどうしてこんなにも居座るのか、どうしてできてしまうのかをご紹介します。

 

目次

  • 小鼻の黒ずみの正体
  • 黒ずみができる原因
  • 対策方法

 

・小鼻の黒ずみの正体

そもそも黒ずみってなんなんだ?なんで黒いんだ?

 

と思ってる方も多いと思います。

 

小鼻はTゾーンと呼ばれる、皮脂の分泌量が多い部分です。

 

この小鼻の毛穴から分泌された皮脂が酸化され、固くなります。その過程で、空気中のほこりやチリ、メイク汚れ、古い角質が皮脂と混ざりあって、毛穴の出口をふさいでしまいます。

 

黒く見えるのは、小鼻の毛穴から生えている産毛が一緒に混じっているからです。

 

特徴は、

○小鼻がなんかざらつく

○押し出すと白っぽいモノが出てくる

○イチゴみたいなポツポツになっている

 

これに一つでも当てはまれば、すぐに対処をしたほうがいいです。

 

 

・黒ずみができる原因

じゃあケアもしてるのに、なんで黒ずみができるのでしょうか。

 

ひとつは毛穴が常に開いてしまっている状態にあるからです。小鼻の毛穴が開いていると皮脂の分泌が多くなり、空気に触れる面積も増えます。そのせいで、酸化が促進されて黒ずみの原因になってしまっています。

 

とくに10~20代で皮脂の分泌量はピークになります。この時期にしっかりケアしないとあとでケアするのが大変になります。オイリー肌の人は気を付けてください。

 

もうひとつは、ターンオーバーの乱れにより、古い角質が居座っていることです。古い角質が残っていると、毛穴を詰りやすくし、小鼻の黒ずみの原因にもなります。

肌のターンオーバーって何?知らないと損する肌常識 - 男の生活美容ログ

 

また角栓は5日ほどで再生してきます。「一度改善できたからもうできないだろう」と思って鏡を見るとまたできています。僕はここを知らず、ケアをかなり怠っていました…。

 

 

・対策方法

ãæ´é¡ãç·æ§ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

小鼻の黒ずみが気になるのであらば、そこを丁寧に洗顔するよう心がけましょう。

 

顔全体では、落としきれてない汚れが小鼻に残っている可能性があります。

 

特に効果があるのは、酵素マスク、クレイ(泥)、ピーリング化粧品です。

 

酵素マスク、クレイは酵素の力、泥の力で余分な皮脂汚れ、黒ずみを吸着する効果が高いです。

 

ピーリング化粧品は、古い角質を除去するのにオススメです。

 

僕はプレディアのファンゴWクレンズを小鼻ケアで、ピーリングは柑橘王子のフェイシャルピーリングジェル使ってます。

  

プレディアのファンゴWクレンズは天然の泥ミネラル成分が配合されていて、小鼻の黒ずみをしっかり吸着してくれます。洗い上がりはしっとり肌になり、乾燥肌の僕でも使える優れものです。

 

ピーリングのオレンジの容器見たことありませんか?僕はこれを5年くらい使っているのですが、ボロボロと簡単に古い角質が落ちて、毛穴汚れも一緒に落ちていきます。

 

柑橘系の素材を使っているので、使用後は毛穴を引き締めてくれて、毛穴の開きを防ぎにも効果があります。また古い角質がとれたあとは、化粧水などのスキンケアも浸透力か効果がUPします。

 

そのあとは収れん効果がある化粧水で毛穴を引き締め、保湿しておくとさらに良いです!

 

ただ、毛穴ケアのやりすぎには要注意です。 

 

小鼻の黒ずみを除くケアを毎日やると肌を傷つけてしまいます。5日~7日に1回を目安に定期的にケアしていきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

小鼻の黒ずみは放っておくと、どんどん除去しづらくなります。焦って毛穴パックで無理やりとっても毛穴が開いてしまい、また黒ずみができやすくなってしまいます。

 

時間をかけてでもいいので、根本から向き合い、自分にあった対策をしていきましょう。

 

わからないことがあれば是非聞いてください。

 

それでは~